汗が不快なにおいを発する

汗がなぜ不快なにおいを発するのか。それは体質や食べ物にも影響しているといわれます。

 

肉類を多く好んで食べる方は汗がどろどろになりやすく、そのどろどろになった汗からにおいが発せられるのです。乳製品なども脂質を多く含んでいるので、汗がどろどろになりやすいとか。

 

また長時間汗をかいたままにすると汗が変質してしまい、結果として嫌なにおいを発生するのです。

 

アポクリン腺には、いろいろなにおいに影響する物質が含まれています。それが皮脂腺と混ざり合い、尚且ついろいろな要素が重なって汗が不快なにおいに変わっていくのです。
特に夕方になると汗臭い人が多いのはそのためです。汗自体が皮膚の汚れなどと重なり、においを発してしまうのです。特に脇の下は汗が溜まりやすい場所のひとつ、脇の毛が汗を取りにくくしているのです。

 

結果、脇の汗が変質して不快なにおいを発するのです。前述のようにワキガが原因の方もいますが、汗をかきやすいがためににおいを発生させる原因を作っている人もいるのです。

 

スポーツをしている人は汗をかきやすい体質です。でも、においませんよね?それは体内バランスがきちんとコントロールされているのです。従って汗をかいてもにおわないのです。
運動もあまりしない人や脂肪分が好きな人は、汗をかいてもどろどろな汗なので時間経過とともににおいを発するのです。

 

汗をかきにくい体質の方が、たまに汗をかくとにおいを発するのもこれが原因でしょう。