汗とにおいの関係

今度は汗とにおいの関係について見ていきましょう。汗は人間なら誰でも多かれ少なかれかくものです。それを放置するかしないかで汗は嫌なにおいに変わるのです。

 

普通いいとされる汗は99パーセントが水です。健康な人は大抵このようにさらっとした汗をかくでしょう。

 

ところが、体の垢やフケなどが原因で雑菌が肌に増えると、汗が嫌なにおいを発生される場合があります。こうならないためにも、まずは毎日生活に体を保つのがベストといえましょう。

 

よく汗かきほどにおうのでは、といわれていますがそれは間違った認識です。健康な人でも汗をかくのです。でもその汗のほとんどが水分なのです。従って汗をかいてもにおわないのです。

 

汗に雑菌が混じることでにおいが生まれるのです。

 

例えば、スポーツをして汗をかいてもシャワーを浴びなかったりすると、皮膚の垢などに汗が反応して雑菌を繁殖させてしまうのです。それがにおいの原因になるのです。

 

ですから、スポーツ後は汗をよくふき取ってできるだけ肌を清潔に保ちましょう。シャワーが浴びれるなら汗も流すといいですね。

 

もちろん夏の暑い時期も汗をかきます。体質にもよりますが、垢やフケが溜まりやすい人ほど時間経過とともに頭部がにおったり体が汗臭くなります。もちろん脇の下にも汗はかきますので、時間とともににおってくるのです。

 

こまめに汗をタオルなどで拭っておけば大丈夫でしょう。汗とにおいは関係なさそうで密接な関係はあるのです。あなたも気をつけてみてください。