脇のにおいは立派な病気

皆さん「腋臭」(ワキガ)という言葉を聞いた事がありますか?わきの下から出るあの鼻をつくような嫌なにおい。これは立派な病気なのです。

 

ワキガのおこるメカニズムとしては、まずアポクリン腺より汗が分泌されます。これに皮脂腺から出る汗が加わり、においを発生させます。そこで発生したにおいが今度はエクリン腺により、わきの下に広がるのです。

 

治療法としてはいくつかあるのですが、一番いいのはにおいの原因を作るアポクリン腺を切除してしまうことです。傷跡は残りますが、脇の嫌なにおいからは永久的に開放されるのです。

 

その他、軽さによって治療法も変わってくると思います。もしかしたら手術までいかなくてもセルフケアで改善できる場合もあります。

 

ワキガはアポクリン腺と皮脂腺、それにエクリン腺の三つ巴による病気です。もしにおいに悩んでいるなら一度皮膚科の受診をお勧めします。

 

皮膚科ではいろんな分野の治療をしています。このワキガ治療も皮膚科の分野に入ります。まずは医師に状況を見せて判断してもらいます。そして手術が必要なのかどうかを判断してもらうのです。

 

また美容外科でも扱ってはいますが、費用が高額になるでしょう。ですので、皮膚科の受診が一番いいと思います。

 

原因を根本から絶つ。これがワキガ治療の原点です。

 

あなたも恥ずかしがらずに一度皮膚科を訪ねてみてください。きっと解決策が見つかるはずですよ。詳しい治療のことなどは後ほど見ていきましょう。