何かいい対策はないか

では、汗がにおいを発しないようにするにはどう対策していったらいいのでしょう?まずは体質改善をしましょう。

 

出来るだけ野菜などを摂取して、脂の多い肉類から魚系に変えれば、脂分が体に入りにくくなり、結果としてどろどろな汗は回避出来るようになるのだと思います。

 

また牛乳は体にいいのですが、飲みすぎは脂肪分が体内に蓄積しますのでご用心。1日一杯程度がいいでしょう。脂肪分が減れば汗もサラサラになり、体の中から健康にもなるし一石二鳥ではないでしょうか。

 

それと普段汗をかきにくい人は、たまにはサウナに入ったりするのもいいと思います。汗を出しやすい体にすることで、体内のどろどろした成分を流してしまうのです。そうすれば汗もサラサラになるし、体内外の老廃物もなくなるのでいいと思います。

 

また1日1時間でもいいので、ウォーキングをするのもいいと思います。走るのは体のあちこちに負担がかかってしまいますが、ウォーキングなら気軽に始められます。

 

こうして健康な汗をかきやすい体質を作っていくのです。後は規則正しい生活リズムを作るようにするのもいいかと思います。決められた時間に起きて食べて、決められた時間に寝る、これだけでも体にリズムが出てきますし、ホルモンバランスや自律神経のバランスも整ってきます。

 

これがサラサラのいい汗が出る要因にもなるのです。におい対策は自分の体質を変えるのが一番適策かと思います。健康な汗には、においはありませんよ。