1日の使用量は?

制汗剤は、そのタイプによって1日の使用量の目安も変わってくるのですが、大体のものは1日1回が目安ではないかと思われます。

 

シート状のものなど、何回も拭って使うタイプもありますが、パウダーなどは肌を冷やす成分の入ったものもありますので、つけすぎると逆に皮膚が炎症を起こしかねませんので注意しましょう。

 

また抗菌タイプのものも就けすぎはよくありません。制汗剤を使う脇の下などは肌が非常にデリケートです。そこに大量に使っていては肌が悲鳴を上げてしまいます。何事も程々が一番です。つけたくなる気持ちは分かります。

 

つけた瞬間のさわやかさは体感しちゃうと、もっと欲しくなりますよね。でもそれが肌ストレスの原因にもなったりするのです。だからどの制汗剤も1日1度の使用が肌にも程よいのです。

 

最近流行の男性用制汗剤、1日に何度もつけている人もいますがあれもよくないです。ある種依存気味になってしまうのでしょう。

 

香りが薄れたらつけるのではなく、あくまで制汗剤の中に香り成分が含まれているんだ、という事を認識して使うといいでしょう。使いすぎは肌に悪影響をもたらします。

 

程よく使って、汗を抑える役目を持っているのが制汗剤なのです。せめて使っても1日朝と午後につけなおすくらいの感覚でいいのではないでしょうか。

 

においを気にするあまり何度もつけすぎると逆効果ですよ。肌が炎症を起こしたら制汗剤さえつけられなくなってしまうのですから、目安は1日1回です。