どのような治療法があるのか

では、ワキガの治療にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

まず挙げられるのはアポクリン腺の切除です。アポクリン腺はにおいの原因となる物質を発生させます。それを切除することにより、根本からにおいの元を絶つのです。

 

手術は1時間ほどで終了します。入院も1週間もあればいいでしょう。傷は残る場合がありますが、大抵は目立たないようにしてくれるでしょう。

 

皮膚科以外でもアポクリン腺をとることは出来ます。美容整形外科でそれは行う事が出来ます。治療法もさまざまです。美容外科で行ったほうが傷跡も残らずきれいでしょうが、再発の恐れもあるのです。

 

一方の皮膚科での切除治療は、医師がアポクリン腺を1つずつ丁寧に除去していきますので再発はまずありません。ただし、最大で2時間程度の手術時間がかかります。両方だとさらにかかります。

 

しかし、効果は永久的です。2度とにおいで嫌がられることもなくなるのです。これなら多少の傷なんてと思う方も多いでしょう。

 

美容整形外科での治療はバラエティに富んでいます。ボトックス注射や肌に1センチくらいの穴を開けてアポクリン腺のみをとる方法、レーザー照射などいろいろです。

 

でもこれらあげたものは比較的症状の軽い方にしか効果はありません。徹底的ににおいをとりたいなら皮膚科での切除をお勧めします。

 

一番効果があるのはこの切除法です。アポクリン腺そのものを丁寧に取り除くのですから当然効果は絶大ですよね。でも費用はいくらくらいかかるのでしょうか?次で詳しく見ていきましょう。