脇にも多量の汗をかく

よく緊張すると手に汗握るという事がありますよね。それと同じように、脇の下にも多量の汗をかく事があります。それはなぜかというと、脇の下には汗を分泌するエクリン腺というものがあり、そこから大量の汗が出るのです。

 

もともと脇の下はあまり衛生的な環境ではないので雑菌が発生しやすいのです。

 

そこに大量の汗が流れますのでにおい菌が発生してしまう原因になっているのです。それで脇が臭くなるのです。

 

またホルモンバランスの乱れにより、体中に汗をかきやすくなる病気もあります。

 

バセドウ病などがその例なのですが、もちろん体中ということは脇の下にもたくさん汗が出る状態になります。いくら清潔にしていても追いつかないケースもあるのです。結果、汗臭くなり脇が臭く感じるのです。

 

自律神経のバランスが乱れている場合もよくあることです。とにかく前述のように、ちょっとでも汗を感じたらタオルで拭くなどのこまめなケアが大切になってきます。

 

このように自己対策をするだけでも汗臭さ、脇のにおいを防ぐ方法もあるのです。皆さんも覚えておくといいでしょう。とにかく脇には自分が思っているよりたくさんの汗をかくのです。
ちょっとでも不潔な状態にしておくだけでにおいはすぐに発生するのです。脇はあまり衛生的にもよくない環境を作っているのです。

 

ですから、こまめに拭きとって出来るだけ衛生的な環境を作ってあげるのが一番なのです。そのためにも自己ケアが大切になってくるのです。